数千人の起業家を見てきた、「起業の専門家」
株式会社 ビジネスバンクグループ 代表取締役 浜口 隆則 氏

経営の主体性を取り戻すために必要なパートナー

何千人という社長と接してきて、
何千社という経営の盛衰を見てきて、
思い知らされたことがある。

経営には「主体性」が極めて重要だということだ。

主体性は「当然、持っている」と思うかもしれない。

しかし、それは多くの場合は錯覚で、現実を深く掘っていくと、
多くの経営者は経営をしていない。

経営をやらされている。

主体性に乏しい経営には「価格決定権」がない。
だから、収益性は下がり、不安定でストレスが多い経営になってしまう。

経営者は、この現実から逃げず、大きな課題と捉えたほうがいい。

「商社ポジション経営」は、この課題を解決してくれる、
とても有効な手段の一つだと思う。

机上の空論ではなく、経営者として自ら実践し、貴重な経験をされてきた北上さんが、
その実践の積み重ねから体現してきたことだ。そして、それには「再現性」もある。

私も数年、毎月、お会いしているが、常に真摯に自分と向き合い、
自分にも他者にも社会に対しても、嘘がない。
そして、口だけではなく「実行力」がある。だから、信頼できる。

経営の主体性を取り戻す。

この簡単なようでいて、ものすごく難しく、
そして経営を大きく変えることができる【パートナー】として、
北上さん以上のパートナーは、なかなか探せないと思う。

ぜひ、多くの経営者に、主体性を取り戻し、
経営する喜びを取り戻してもらいたい。

浜口隆則の書籍

book2

プロフィール

hamaguchisan

浜口 隆則 氏
(はまぐち たかのり)

・株式会社ビジネスバンクグループ 代表取締役

横浜国立大学教育学部卒、ニューヨーク州立大学経営学部卒。
 
会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、
大好きな起業家を支援する仕事をするために20代で起業。

「日本の開業率を10%に引き上げます!」をミッションにした株式会社ビジネスバンクを創業。
起業家向けオフィス賃貸の「オープンオフィス」は
レンタルオフィスという新しい業界を生んだリーディングカンパニー。

その後2012年9月に自身の掲げるミッションにより近づくために
「オープンオフィス」を譲渡。
社名を株式会社ビジネスバンクグループに変更し、会社は第2創業期を迎える。

起業専門会計事務所、ベンチャーキャピタル会社、起業家教育事業など、
起業支援サービスを提供する複数の会社を所有するビジネスオーナー。
アーリーステージの事業に投資する投資家(エンジェル)でもある。

「幸福追求型の経営」「戦わない経営」「小さな会社のブランド戦略」など、
独自の経営理論にはファンが多く、著書も多数出版している。

2011年からは講演活動を本格的に始め、日本中を飛び回る日々を送っている。
プライベートではテニスやトライアスロンなどのスポーツを愛するアスリートの一面も見せる。

現在は、日本で初めて、中小企業経営者を対象に開発された
クラウドERPソフト(経営統合ソフト)である、
【ALL-IN(オールイン)】~経営をアップグレードしよう~ の開発販売を行っている。

【ALL-IN(オールイン)】の詳しい情報は、コチラの動画をご覧ください。

 
個別説明会随時受付中
グループ説明会 ※限定8席
開催未定
詳細・お申込みはコチラ